‘住宅ローン’ カテゴリー

二つのポイントで住宅購入の不安を解消!

住宅を購入することで幸せになるはずだった家族も、購入後は不幸になっていることがあります。

 

数千万円もローンを組んでせっかく住宅を購入するのですから、幸せになりたいものです。

 

 

ですが、この幸せを手に入れることができるかどうかは、住宅の購入前に決まってしまっていると言っても過言ではありません。

 

 

そこで、住宅購入前に決めておくべき2つのポイントを知っておきましょう。

 

 

一つが資金計画です。

 

 

資金計画で失敗しているために不幸になってしまっている家庭は非常に多いことをご存知でしょうか?

 

 

そうならないためには 現状で無理のない購入予算を設定することが大事です。例えば毎月のローンの支払いは手取りの3分の1以内に決めるなど、無理のない資金計画が絶対に必要です。

 

 

資金計画が固まると、選べる家も絞れてきます。

 

 

そうなるともう一つのポイントである住みたい土地・物件の希望条件をイメージすることです。場所を間違えたために後悔する人も多いので十分に下調べをしてください。

その2つに合わせてこだわりのポイントを盛り込んでいくことが大事になります。

諸経費の見落としで後悔しないためのポイント(所沢市の不動産)

引っ越しに伴ってだいたい初期費用としてどれぐらいかかるかということは、誰でも見積もって考えるでしょう。

 

 

生活することを考えて費用を計算されるかと思いますが、見落としやすい諸費用というものもあります。

 

 

例えば、カーテン購入は、必要なものでありながら、見落とされがちです。

 

 

一人暮らしやマンションとは違い、戸建ての場合、私室はともかく、リビングなどにはそれなりのものをかけることになりますし、窓の数も多くなるため、カーテンだけでも費用がかさむでしょう。

 

 

また、必要な家電として、ほとんどの方がエアコンの購入を考えるでしょうが、リノベーション建物の構造や近隣の状況によっては、エアコンの取り付け費用も想定より高くなることが多くあります。

 

 

これらもふまえて資金計画を立てるためにも、ギリギリの予算ではなく、多めに見積もって資金を準備すらことが大切です。

 

 

しかし、新生活を快適に始めるにあたり、準備として、無理のない資金計画を立てるのがコツとなります。

 

 

収入に対して無理のない計画を立てて、気持ちにゆとりをもって準備を進めましょう。

 

 

頭金のメリットとは?

頭金をたくさん用意することで得られるメリットは、いくつかあります。

 

まず1つ目は、頭金が多ければ多いほど、

ローンの返済額が減るということです。

 

ローンは借金ですから、借金が少ないにこしたことはありません。

 

借金を減らすことで、将来的な不安も軽減するでしょう。

 

また、頭金が多いとマイホームの選択肢が広がるということもあります。

 

住宅ローンは、いくらでも組めるというわけではありません。

 

収入や財産に応じて決められます。

 

ですから、頭金も収入も少なければ、
銀行から借りられるお金も少なくなり、
購入できるマイホームの選択肢も減ることになってしまうのです。

 

ですから、なるべく多くの頭金を用意しましょう。

 

最後に、
頭金が多いとローンの返済期間を短くできるメリットがあります。

 

子供のこと、介護のこと、自分たちの老後のことも
考えなくてはなりませんから、
ローンの返済期間を短くできればそれだけ余力が残ることになります。

 

ローンの支払いに追われるのではなく、
余力を残すようにしてみてはいかがでしょうか。

 

融資を受けるときに必要な担保って?

銀行などの金融機関から融資を受けるにあたっては、
担保が必要となることがあります。

 

しかし、こうした契約の内容は
じっくりと把握することが何よりも重要とされます。

 

担保とは、債務の支払いが困難になった場合に備えるものであり、
債務者に弁償の確保の為に提供させる対象のことを指しています。

 

担保の種類としては、人的担保と物的担保に分かれるため、
それぞれのケースに合わせて
十分に知識を身に着けることが求められています。

 

担保の金額に関しては後々トラブルの原因となることがあるため、
慎重に契約を結ぶことが勧められています。

 

また、金融機関などの担当者に相談を持ち掛けることにより、
ライフスタイルや収入などに合わせて
担保の具体的な内容を定めることができると言われています。

 

大手の金融機関においては、
初めての利用者に対する専門的な相談窓口が用意されているため、
もしも分からないことがある場合には
こうしたところを利用することが良いとされています。

住まい探しの第一歩を

住まい探しの第一歩としては資金計画の組み立てから始める方が
ほとんどだと思います。

まずは先立つものがなければ始まらないからです。

このとき大切になるのがどうやって資金計画を立てるかです。

資金の問題ですから、当然収入を含めて考えるのですが、
大切なのはご家族が快適に安心して暮らせる住宅を
手に入れるのに必要な資金を明らかにすることです。

間違いの無い資金計画の組み立てのためには
家族構成を組むところから始めましょう。

ご家族がご夫婦だけか、
お子様がいらっしゃるのであれば何人で何歳ぐらいか、
ご両親と同居されるかどうかなど、
家族構成によって快適に過ごすのに適した住宅の大きさが
必然的に決まってくるからです。

続いて入居の時期を決めることで、
より具体的な住まいのイメージが湧くと思います。

特にお子様がいらっしゃるご家庭では、
入居時期にお子様がどのような成長段階にあるのかによって
適した住宅の間取りなどが大きく変わってきます。

入居時に子供部屋が必要になる方や数年後に
子供部屋に転用できる空間が欲しい方など、
それぞれに適した住まいが異なるためです。

資金計画を立てるポイント

マイホームを購入する際に一番大切な事は、
資金計画を立てることです。

貯金のうちのどの部分を住宅資金に使えるのかを
確認する必要があります。

住宅資金とひとくちに言っても、それは頭金だけのことではありません。

住宅を購入するには諸経費が必要になりますし、
その他にも引越し代や家具や家電の購入費も必要です。

何にいくら必要かをひとつずつ考えてみる必要があります。

そして、その金額も安く見積もるのではなく、
少し多めに見積もっておくとよいでしょう。

その他に大切なのは無理なくローンを返済できるかの計画を立てる事です。

一般的に住宅ローンは何十年にも渡るものです。
その間には、家族が増えたり、子供が進学したり、
病気になることだってあります。

そんな時にでも無理なくローンを返せ、
そして家族も生活していかなくてはならないのです。

そういったことも考慮して、
ローンを返済できるかの計画を立てる事が必要です。

最後に、返済額と金利タイプと返済期間を意識する事が大切です。
老後の負担を軽くするために、
なるべく早く繰り上げ返済をして完済しましょう。

住宅ローンの仕組みとは?

住宅ローンの仕組みは、金利が低いと利息が少なくなる、
逆に金利が高いと利息は高くなります。

住宅ローンの金利は、ローンの申込時ではなく実行時の金利が
適用されることになります。

実行時というのは融資実行日、
つまり建物の引き渡しの時の金利が適用されることになります。

ですから、金利はローン実行時に高くなっている可能性
もあるということを忘れてはいけません。

必ずしも、ローン申込時の金利とは限りませんから、
金利が多少高くなっても、無理なく住宅ローンを返せるような
計画を立てる必要があります。

また、変動金利、固定金利など住宅ローンの金利にはいろいろありますから
、どの金利を適用して支払っていくのが自分にとって最適か、
よく考えてみましょう。

住宅ローンを組むときは、実行時の金利の上昇、
そうなった場合の実際の支払額、
さらに余力が残るような組み方をすることが大切です。

長い期間かけて返済していくのですから、しっかり検討しましょう。

住宅購入の頭金って?

住宅を購入する際の頭金というのは、
住宅を買うときに支払える現金のことです。

住宅を購入する時に支払うお金は、
住宅の購入代金の一部だけではありません。

引越し費用や新しく購入する家具や家電、その他にさまざまな諸経費、
追加工事等の費用が必要になり、これらのお金がかなり高額になります。

また、それらで貯金を全て使い切ってはいけません。

万が一の時に備えて、幾らかの蓄えは持っていなくてはなりません。

年収の半分程度の貯金は予備費として手元に置いておくと安心です。

こういったことを考えると、住宅を買うときに支払える現金は、
貯金全てではない事がよくわかるはずです。

つまり頭金とは、
貯金の中から住宅購入に出せる金額のことを指すということです。

頭金をいくらにするか決める際には、
それぞれの費用がいくらになるか少し多めに見積もって、
それから頭金を算出するようにしましょう。

決して無理をする必要はないので、計画を立ててお金を積み立てましょう。

土地と建物以外にかかるお金とは?

住宅を購入するにあたっては、
土地と建物以外にも諸費用がかかるため、
事前にきちんと対策を立てることが求められています。

例えば、不動産所得税、印紙税、登記費用などはもちろんのこと、
住宅ローンの斡旋手数料、住宅ローン保証金を念頭に入れておくと
急にお金に困ったりすることも無くなります。

最近では、概ね購入価格の10%かかる見込みをしておく人が目立っており、
もしも悩み事がある場合には、金融機関などの担当者に相談をすることが
勧められています。

住宅の購入資金の集め方については、
それぞれのライフスタイルなどによっても異なってくるため、
友人や知人などの意見を積極的に参考にすることが良いとされます。

ハウスメーカーや不動産会社などでは、
住宅の購入に際して無料相談などのサービスが導入されていることがあり、
しっかりと助言を受けることが有効です。

住宅の購入を考える際には色々な条件があることを考慮にいれておきましょう。

個人信用情報とは?

個人信用情報というのは住宅ローンなどを組むときに重要とされる、
情報のことで審査の結果に直結するものとなります。

それではこれにはどのような情報が含まれているのかというと、
クレジットカードやローンなどの契約内容や
支払い状況などの情報であったり、
過去に延滞などがないかといった履歴が記録されています。

信用情報機関は複数あり、
これらの情報が全て記録されているわけですが、
当然過去に延滞をしていたり
借金を踏み倒したりしていた場合
審査に通りづらくなってしまうということがあるのです。

借金を故意に踏み倒したことがあるという人は少ないことでしょうが、
引越しなどを機に支払うべきお金の請求書が
新住所に届かずに未払いとなってしまったり、
クレジットカードの引き落とし日を勘違いして
延滞をしてしまったなどと言ったことをしてしまったりすること
は珍しくありません。

このような情報であっても
住宅ローンの審査に影響をすることがあるので
支払うべきお金を支払えないという状況にならないように
十分注意をしておきましょう。

 

狭山市・所沢市の新築一戸建て 不動産なら仲介手数料無料の狭山市不動産ハウスへ
http://heartful-home.co.jp/