‘一戸建て’ カテゴリー

本当に住みやすい家とは?

本当に住みやすい家を選ぶにあたっては、
好きなものだけを詰め込むのではないことを
十分に理解する必要があります。

 

また、部屋の動線を確保することにより、
機能性の高い住宅を維持することができるため、
少しでも分からないことがあれば、
住宅のプロへ相談を持ち掛けることも良いとされます。

 

最近では、
使いやすさを重視して間取りを決める事が一般的となっており、
建築士などにアドバイスを受けながら、
理想的な物件を見つけることが大きなテーマとして挙げられます。

 

特に、住宅の選び方について迷っている場合には、
既に購入を決めた人の体験談を参考にすることにより、
各自の生活にぴったりのものを見つけることができると言われています。

 

大手の住宅メーカーなどでは、
最新式の住宅を多数取り揃えているため、
仕事や家事などの時間を見計らって訪問をすることが重要です。

 

これからも、住宅の品質に目を向ける消費者が
ますます増えることが期待されています。

注文住宅と分譲住宅の違い

一戸建て住宅には建築された住宅を購入する分譲住宅と
所有する土地、または土地の購入と共に建築する注文住宅と
大きく2つに分けることができます。

 

どちらも大きなメリットとデメリットがあり、
その決定的な違いは費用がかかる、かかからないかということです。

 

まず分譲住宅は比較的安いことが大きなメリットとなりますが、
気に入った間取りや設備のものを選択することになるため、
自由が効かないことがあります。

 

また、生産性の高い住宅のため、
隣接する住宅と外観が似て、
オリジナリティが低いというデメリットがあります。

 

それに対して、注文住宅は割高ですが
「自分の理想の家に近づける自由な設計が可能になる」
というのが大きな特徴です。

 

住宅購入は非常に高額な費用を要するため、
一生に一度の買い物となるかたが大半です。

 

そのため、より費用の安い分譲住宅か、
一生に一度であるからこそ、理想的な住宅を求める注文住宅か
という選択になりますので、
どちらも予算に合わせて決めていくべきといえます。

一戸建ての魅力とは

持ち家を購入される方は
マンションと一戸建て住宅の選択で迷われる方も少なくありません。

駅近などの立地条件の良い物件はマンションのほうが
安価で購入できるというメリットはありますが、
一戸建て住宅よりも狭い間取りとなりますので、
世帯数の多い家庭にとっては
一戸建て住宅の方にメリットがあるといえます。

とくに小さなお子様がいらっしゃる家庭では、
広い部屋でお子様が元気に走り回ることができますし、
マンションのように階下への音を気にせずに済むことや、
車の必要性が高いため、賃貸のように
駐車場代などの負担がないことは大きなメリットとなるでしょう。

一戸建て住宅はマンションのように
家賃をずっと払い続ける必要がないことや、
修繕積立費用、管理費なども必要ないことから、
月々の固定費は住宅ローンの返済分のみとなるため、
仮に30年住み続けた場合のトータルの負担額は少ないと言えます。

しかし、住宅のメンテナンスの費用は必要になるため注意が必要です。

キッチンでチェックしたいポイント

キッチンの使い勝手を考えるには、いくつかチェックしたい項目があります。

コンロはガスなのか電気なのかのチェックは、
料理が好きなら必須ポイントです。

また、コンロは何口あるのかどうかもチェックポイントです。

コンロの口数は、料理を作る効率の善し悪しにも影響を及ぼします。

数が多ければ同時進行が出来ますので、料理好きなら、
3口コンロがお勧めです。

切った素材を置いておくスペースや、
調理器具などを出して並べておくスペースなど、
料理を効率良く作る為には広いスペースが確保されていることが必要です。

広い調理台がある、というのも大事なポイントです。

また、料理好きな人は、調理器具や食器などを沢山持っていると
思われるので、それらがすっきりとしまえる収納スペースが
沢山ある方が良いでしょう。

キッチンの配置は、コンロとシンクと調理台と冷蔵庫のスペースが
I字になっているものよりも、L字やU字の方が動線が短くて済むので
効率良く料理をすることが出来ます。

土地と建物以外にかかるお金とは?

住宅を購入するにあたっては、
土地と建物以外にも諸費用がかかるため、
事前にきちんと対策を立てることが求められています。

例えば、不動産所得税、印紙税、登記費用などはもちろんのこと、
住宅ローンの斡旋手数料、住宅ローン保証金を念頭に入れておくと
急にお金に困ったりすることも無くなります。

最近では、概ね購入価格の10%かかる見込みをしておく人が目立っており、
もしも悩み事がある場合には、金融機関などの担当者に相談をすることが
勧められています。

住宅の購入資金の集め方については、
それぞれのライフスタイルなどによっても異なってくるため、
友人や知人などの意見を積極的に参考にすることが良いとされます。

ハウスメーカーや不動産会社などでは、
住宅の購入に際して無料相談などのサービスが導入されていることがあり、
しっかりと助言を受けることが有効です。

住宅の購入を考える際には色々な条件があることを考慮にいれておきましょう。

リフォームの目安っていつごろ?

私達の住まいは屋根や外壁によって守られていますが、
屋根や外壁は常に紫外線や風雨にさらされています。

日本の住宅の耐久年数は大体30年くらいと言われていますが、
常に紫外線や風雨にさらされている屋根や外壁は、
年月が経つことによって劣化が進んでいきます。

外壁塗料には寿命があり、新築の場合は5年〜10年、
新しく開発されているフッ素系樹脂塗料でも15年ほどと言われています。

塗装が劣化したまま放置しておいて状態が良くなることはありません。

劣化したまま置いておけば、塗膜がはがれ、
直に紫外線の影響を受けたり風雨が住まいの構造体にかかり、
腐食させたり雨漏りの原因となる場合があり、
本来は持つはずの住宅の寿命を縮めてしまいます。

その為、劣化症状が出て来たら見落とさず、
速やかに塗り替えをすることが必要です。

外壁塗装のタイミングは、住み始めて10年が目安です。

住宅の耐久年数と言われる30年の間に、
2〜3回は塗り替えすることが必要になります。

リフォームをすることで長く住む事が出来るのです。

地鎮祭って何?

地鎮祭は、土木工事や建物を建設する際に、
神職を招いて安全に工事が進み無事に終わることや、
家や建物の今後の繁栄を祈る儀式のことをいいます。

現在では土木工事をする土地や、
建物を建設する土地を守ってくださる氏神様の神主を招いて、
地鎮祭を行います。

古くは、一族の守り神、守護神のことのようです。

工事や建築する場所の周囲に注連縄を張って、
祭壇を中央に設けます。

これには決められた飾り方があるため、
施工業者に手配を依頼すると良いでしょう。

また、お供えは物施主が用意しなければなりません。

海や野や山の幸などを取り揃え用意します。

他にはお米やお酒、塩、水をお供えしましょう。

さらに施主は、初穂料を神職への
謝礼として渡さなければなりません。

このような準備を整えて神職によるお祓いや祝詞があげられ、
施主や施工業者がはじめて鋤や鍬を入れ、
工事の無事や安全を祈るのです。

地鎮祭は地方によっても多少違いのある場合があるため、
施工業者に確認するのが良いでしょう。