7月, 2015

諸経費の見落としで後悔しないためのポイント(所沢市の不動産)

引っ越しに伴ってだいたい初期費用としてどれぐらいかかるかということは、誰でも見積もって考えるでしょう。

 

 

生活することを考えて費用を計算されるかと思いますが、見落としやすい諸費用というものもあります。

 

 

例えば、カーテン購入は、必要なものでありながら、見落とされがちです。

 

 

一人暮らしやマンションとは違い、戸建ての場合、私室はともかく、リビングなどにはそれなりのものをかけることになりますし、窓の数も多くなるため、カーテンだけでも費用がかさむでしょう。

 

 

また、必要な家電として、ほとんどの方がエアコンの購入を考えるでしょうが、リノベーション建物の構造や近隣の状況によっては、エアコンの取り付け費用も想定より高くなることが多くあります。

 

 

これらもふまえて資金計画を立てるためにも、ギリギリの予算ではなく、多めに見積もって資金を準備すらことが大切です。

 

 

しかし、新生活を快適に始めるにあたり、準備として、無理のない資金計画を立てるのがコツとなります。

 

 

収入に対して無理のない計画を立てて、気持ちにゆとりをもって準備を進めましょう。

 

 

意外に知らない用途土地

用途地域とは、都市計画法によって定められている地域地区のひとつでその場所に建てられている建物の種類や用途などを示す目的です。

 

 

市街地の土地利用の基本的な枠組みや良好な市街地環境の保全と市街地のあるべき土地利用の姿を実現するために、土地利用計画に基づき用途地域が指定されています。

 

 

用途地域が指定されると建物の種類や建てられる建物の建蔽率、容積率、高さに対する制限が決定しているのです。

 

 

用途地域は全部で12種類あります。

 

 

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域は、主に低層住宅の良好な住環境を守るための地域

 

 

第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域は、主に中高層住宅の良好な住環境を守るための地域

 

 

第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域は、主に住居の環境を保護するための地域

 

 

近隣商業地域、商業地域は、主に商業等の業務の利便の増進を図る地域

 

 

準工業地域、工業地域、工業専用地域は、主に工業の業務の利便の増進を図る地域

 

 

こうした用途地域の制限を定めることにより、今後どのような街並みになるのかを予測することができます。

 

 

 

 

「売り出し価格」の流れは?(住宅や土地編)

住宅や土地の「売り出し価格」を決める際は、不動産会社が提示する「査定価格」を参考に、売主であるお客様が決めるのが一般的です。

 

 

不動産会社が提示する「査定価格」というのは、地価・築年数・環境などを考慮して決められます。

 

 

相場以上の金額は、よほどの付加価値がない限り難しいと言えるのです。

 

 

売主は、売却したあとにローンの返済が有るか無いか、次に購入する物件の頭金にする予定が有るか無いかなどを明確にして、希望価格を設定しておくことが大切でしょう。

 

 

ただし、あくまでも相場から大幅に外れないようにしないことが早く売却できるコツです。

 

 

1ヶ月を過ぎても買主が現れないと難しいと言われます。

 

 

それは、購入する気のある人は、良い物件が出たら声を掛けてほしいと不動産会社に伝えているからでしょう。

 

 

不動産会社は相手の希望金額も知っていますから、これなら売れるという予想もつきます。

 

 

相手も値切ってくるので、かけ離れない程度に少し高めに設定するのが良いとされているのです。

 

 

こだわりのキッチンにするポイント

キッチンを選ぶ際には、ポイントを押さえて選ぶようにすると失敗がなくなります。

まず、生活導線を意識してみましょう。

無駄のない動きでキッチンでの動作が出来れば、それだけ時間も軽減できますし、ストレスも軽減できるからです。

次に、収納スペースの確保を意識してみましょう。

ある程度、必要な道具などをきちんと仕舞うことができるか、置くことができるかをイメージしておけば、後悔のない選び方ができます。

収納スペースを確保出来ているとキッチンの使い方が快適になるばかりでなく、整然としていて気持ち良い環境になれます。

そのためにも、ゴミ箱の位置も決めておくことをお勧めします。

そして、欠かせないポイントとして身長に合わせたキッチンを選ぶようにしましょう。

毎日、使うものですから身長に合っていないと不便であるばかりか、腰痛など体に支障が出てくることも少なくありません。

こだわりのキッチンを選ぶには、こうしたポイントをしっかりと押さえておくようにしましょう。

住宅や土地の「査定価格」の出し方

何らかの理由で不動産を売りたい時には、専門家に値段を算出してもらうことが必要ですが、
その査定の仕方には簡易査定と訪問査定があるので、その違いを知っておきましょう。

簡易査定は実際に不動産を見ること無く査定する方法です。

法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向をみて、評価額や年税額、返還保証金、ランニングコストなどを考慮しながら算定します。

訪問調査は、簡易査定の内容にプラス騒音などの周辺の状況や治安、不動産の管理状況、お部屋や庭の状態をチェックして査定価格を出す方法です。

建物老朽化によっては次に入居する人にリフォームの負担がありますので、その分だけ安くなることになります。

簡易調査のメリットは、すぐに金額を知ることができることですが、おおまかな金額であると言えます。

訪問調査のメリットは査定額が正確なことと、不動産会社の担当者に自分の希望を伝えながら査定してもらえることです。

バリアフリートイレにするメリット

現在日本は高齢化社会であり、人口の4人に1人が65歳以上の高齢者であると言われています。

高齢者と同居する場合のみならず、自分や配偶者が高齢者となった将来を考えてバリアフリーを取り入れた住宅を建てることが推奨されています。

住宅を購入する年齢はまだ元気な30代や40代である場合が多いので、高齢者となったときのことを考えて家を建築することは稀ですが、
これからの高齢化社会では高齢者も不都合を感じずに生活できる家が求められています。

高齢者になると身体機能が低下してちょっとしたことでも不都合を感じることが多くなります。

特に浴室やトイレなど立ったり座ったりすることが多い場所では足腰に負担を感じます。

このような場所では立ち座りのための手すりを設置することが重要です。

また、車椅子で生活するには、廊下の幅が850mm以上あることが必要だといわれていますので、
現在は車椅子を利用していなくても、将来を考えて廊下や開口部を広くしておくことも考えておきたい配慮です。

収納スペースにこだわりましょう

心地良く暮らすには、物の収納は大切なことです。

 

生活をしていると、知らない間に物が増えていきます。

 

しかし、収納スペースはどの家でも限りがあるものです。

 

そこで、考えるのが効率のいい収納の仕方です。

 

収納スペースは置く場所によって大きく変わるものです。

 

出し入れが大変なロフトや屋根裏には年に数回しか使わないものを収納するようにします。

 

1年に一度使用する季節用品や、行事に関係するものが適しています。

 

反対に、日常的に使用頻度が高いものはその使用する近くの場所に収納をします。

 

例えば、洗面台の近くにはそこで使用する洗顔や歯ブラシなどの予備をおくと家族の誰もがわかりやすくなります。

 

最近人気のシューズクロークは、玄関の横に収納スペースを設けることです。

 

従来に下駄箱ではなく、もっと広く大きなスペースになります。

 

そのために、靴以外にコートやベビーカー、自転車なども入れることができます。

 

玄関横にあり、靴を履いたまま出入りができるようになっています。

資金計画を立てるときのコツ

住宅を購入する場合、一括で支払える人はそれほど多くなく、大抵の場合は住宅ローンを組んで購入します。

 

その場合、貯金のうちいくらを「住宅資金」に使えるのかを検討しなければなりません。

 

家計に無理なくローン返済を続けられるかということが大切になってきます。

 

住宅ローンをいくらまで借りられるかは、「返済額」と「金利タイプ」を決めることが大切です。

 

この2つを決めた上でローンシミュレーションを行いましょう。

 

一般的に、住宅にかかる費用は、収入の30%までに抑えておくのが良いと言われています。

 

無理な返済計画を立ててしまうと、生活が苦しくなり、様々なところに歪みが出て来てしまいます。

 

住宅にかかる費用とは、住宅ローン、固定資産税、管理、修繕費です。

 

修繕費も結構大きな出費となりますので、あらかじめ考慮に入れておくことが大切です。

 

金利は、固定金利と変動金利があります。

 

固定金利は、ローンを組んだ時に返済額が決まるので、資金計画が立てやすいです。

 

これは長期返済に向いています。

 

変動金利は、借入額が少ない人や、繰り上げ返済が出来る目処がある人に向いています。

土地探しのコツ(所沢,狭山市の土地探し)

土地探しを行う時、購入を検討している土地には実際に見に行くことをおすすめします。

 

出来れば、状況と時間帯を変えて数回行くことが望ましいです。

 

たとえば、平日と休日とか、昼間と夜とか。

 

時間帯や曜日によって、街の雰囲気が変わることがあります。

 

まず、住むには環境の良い場所を見つけたいものですが、環境には大別して社会環境と自然環境があります。

 

社会環境とは、生活の利便性や近隣との関わりのことです。

 

交通機関、ショッピングセンター、通学路などがその主なものです。

 

家族によって重視するポイントが違うのが社会環境と言えます。

 

夫の場合は、通勤がありますので、駅からの距離や電車の混み具合、通勤時間などが気になるところでしょう。

 

反面、車通勤の場合は、駅に近いということは必ずしも必要でなくなります。

 

妻にとって重要なのは、食料品を始めとした日々の買い物でしょう。

 

車が無い場合、歩いて行ける距離にお店があるかどうかは大きな問題です。

 

お子さんがいる場合は、通うことになる学区の評判や塾、図書館の有無なども気になるところです。

新築祝に贈ってはいけないもの

新築祝いに何を贈ればよいのか迷うことが多いと思います。

 

 

相手の気に入りそうなものであれば特に問題はないのですが、ただ一つ気を付けなければならないことがあります。

 

 

それは火事に結びつくようなものを避けること、つまりタブーなのは「火」に関係するものなのです。

 

 

「火」といってもキッチンで使う「火」は関係がなく、この場合避けるべきものとしては、具体的にはライターや灰皿がそれにあたります。

 

 

愛煙家の相手にクリスタルカットの見事な灰皿を贈りたくても、それは避けるべきなのです。

 

 

無難なのは商品券やカタログギフトを送り、自分で好みのものを選んでもらうことです。

 

 

そうすればせっかく贈ったものが相手の好みに合わなかったり、また同じようなものが重なるということが避けられます。

 

 

商品券やカタログギフトでは味気なく、こちらの気持ちが伝わらないように感じる人も多いようですが、

 
相手に本当に喜ばれるものを見つけて贈るのはとても難しいものなのです。

 

 

自分が贈りたいというものではなく、相手が何に喜ぶかを考えて決めることが大切です。