8月, 2015

耐震は土地によって変わる(所沢の土地)

近年大きな地震が起きて、耐震について関心が高まってきました。

 

しかし、耐震工事を建物に行っていても崩壊してしまうお家が後を絶ちまん。 一体なぜなのでしょうか。

 

それは土地の地盤によって起こるのです。 地質学的な観点から見てみますと、 日本には大きなプレートが重なり合ってできております。

 

なので地震大国と呼ばれる程、地震が多い国ですよね。 他の国に比べても多いのですが、土地によって地盤が違います。

 

地盤が固いところではちょっとの地震では倒壊などの恐れはありませんが、 地盤が緩いところでは、地震の揺れがダイレクトにかかるので、震度が大きくなります。

 

それによって、倒壊などを起こしてしまうのです。 倒壊を起こさないようにするには、地盤をしっかり見ておかないといけません。

 

しかし、今の地図だけではかつて川であった場所が整地によって土地になっている場合もあります。

 

昔の地図をみて、かつて川の付近や、川であった場合は、地盤が緩い事がありますので、 おすすめしません。

 

ボーリング調査を行ってみてもいいでしょう。 自分が生涯暮らすような家であるので、地震などの自然災害にも強い土地を選びたいですよね。 変化

日照権ってなに?(陽当たり良好な家)

日照権という言葉ごよく耳にしますが、 日照権とは、「日影による中高層の建築物の高さ制限」の略で、

日影による中高層の建築物の高さの制限により、 住居系用途地域、近隣商業地域、準工業地域または無指定区域における日照を確保することを目的としています。

 

地方公共団体が条例で指定する区域内にある一定の高さ以上の建築物が、 冬至の日の午前8時から午後4時まで(北海道のみ9時から3時まで)の間、

その場所に一定時間以上続けて影を生じないように建物を計画することが義務付けられております。

 

この法律があるので、お洗濯を干しても乾かない等の被害が起きていません。

 

しかし、近年狭小住宅などが増えているので、日照権の問題が出てくる場合も増えています。

 

そういった場所のお家を購入する際には十分注意が必要になります。

 

自分が被害にあう場合もありますが、相手に被害を与える場合もあり、 取り壊し等の恐れがあるので十分注意してください。

 

自分が受けている側であれば、光の確保のために天窓を付けたり、吹き抜けを作るなどの工夫ができます。

 

日照権を侵害しないためにも、狭小等の住宅を購入する場合は、十分に注意を行ってください。

土地購入の時に見てほしいこと(安全な土地)

住宅を購入する前に土地の購入が必要ですよね。

 

住宅が建っている場合もありますが、土地から探す方も多いです。 その土地を購入する際に見てほしいことが三つあります。

 

一つ目は、その土地がどの様な地形であったのかの確認です。

 

日本は、明治にかけて河川の改修などでもともと河川の場所が埋めたてを行っているので、 元河川の場所が多く残っています。

 

なので、古い地図を見ると自分が購入しようとしていた土地が元河川の場所であったと言う事もあります。

 

そうなると、地震や洪水にのよって地盤が緩んでしまう場合もあり、土地としての価値が無くなる場合もありますので、 注意が必要です。

 

二つ目は、水はけのよさについてきちんと見てみてください。 雨の日に水はけの悪い土地を購入してしまうと、家の寿命を短くさせてしまう事になってしまいます。

 

家から道路までで水溜まりに入ってしまうと言ったこともあります。 三つ目は、通勤時間の混雑でしょう。

 

朝の通勤時間や夕方の時間帯を見ておかなければ、仕事の近くに引っ越しを行っても通勤時間に時間がかかるという場合が出ます。

 

以上の三つに気を付けて土地の購入を行ってみてはいかがでしょうか。

未公開物件が出る理由(所沢,狭山市の未公開物件)

近年、未公開物件と呼ばれる公開されない物件が増えております。

 

増える理由としては、売り手側が公開を行いたくない場合と、業者自体が公開を控えてほしい場合があります。

 

売り手側が公開を行いたくない理由として、 経済的に苦しくて、売りに出している為、近所に売りに出していることを知られたくない場合があります。

 

漠然、と住み替えを考えているが、まだ意中の物件が見つからないために積極的に販売活動をされると、

住み替え先の物件もまだ見つかっていないのに買い手が付いたら出て行かなくてはならなくなると考えている場合もあります。

 

家や土地を売りに出している事が、近所の人や知り合いに分かるとあの人、経済状況が苦しいんじゃないの?

商売が上手くいってないんじゃないの?等の、勘ぐりを受けるのが嫌とされている方もおりますよね。

 

一方、業者として売りに出したくない場合は、 注文が殺到するような物件を引き受けた場合、本当に必要としている人に届かない場合がありますよね。

 

他にも、仲介料等の余分な料金を使わないで良いのも購入者にとってはメリットになります。

 

未公開物件はHPや直接行かなければ見れない物なので是非一度公開物件と比較してみてはいかがでしょうか。

新築住宅を購入するメリット(所沢と狭山の新築住宅)

家を購入する時に、新築にしようか中古を探そうかと悩むことがあるでしょう。

 

 

一般に同じような条件なら、新築住宅の方が価格が高いのですが、新築住宅にはメリットも多いので、人気があります。

 

 

新築住宅は、新しい、ということが最大のメリットですが、新しいことのメリットを具体的に見ていくと、より魅力が明らかになり、家を選択する時の参考になるのです。

 

 

新築住宅は、最新の設備が備わっているので、新しくきれいなことに加えて、便利な機能がついていたり、省エネタイプだったりすることがあります。

 

 

また、流行のプランが取り入れられているため、入居後すぐに快適な暮らしができるところも魅力です。

 

 

リフォームをしたり、設備を取り換えたりする必要がないので、手間や時間をかけることなく、また、費用を上積みする必要がないので、すぐに生活を始めることができます。

 

新しくて機能性が高く、スタイリッシュな理想の物件に住めることが、新築物件の魅力でしょう。

 

新築祝いを贈るタイミング

新築祝いを贈るタイミングは、新築披露に招かれた当日に持参するのが一般的です。

しかし、新築披露の時に予定が合わずに出席出来ない場合やそのようなお披露目の会が特に催されない場合は、出来るだけ早めに送るようにすると良いでしょう。

早めというのは、時期的に新居が完成してから大体1ヶ月以内くらいを指します。

しかし、その時期はまだ相手の方も忙しくて落ち着かれていない場合も多い為、最近では幅を持たせて、大体2週間〜2ヶ月の間くらいに送って良いとされているのです。

新築披露に招かれて出席する場合、新築祝いを渡す相手は自分と関係が深い相手にします。

他の参加者もいる場合は渡すタイミングが難しいのですが、他の参加者のいない場所で渡すようにすると良いでしょう。

他の参加者の用意してきた品物と金額がかけ離れていた場合、お互いに気まずい思いをすることがある為です。

また、大きなものを新築祝いにした場合は新築披露の前日までに届くように配慮することも大切になります。

キッチンにこだわるメリットは?(キッチン中心の間取り)

キッチンは、毎日使う場所なので、自分の好みや使いやすさにこだわった快適なキッチンだと家事や生活が楽しくなります。

 

 

冷蔵庫やコンロ、食器棚を行き来したり、出来上がった料理を出すためにダイニングへ行くことも多いので、生活導線を意識して、スムーズに移動ができたり、無駄な動きがないことはとても大切です。

 

 

使いやすいキッチンのポイントは、収納スペースを確保することでしょう。

 

 

収納スペースが適切な場所に十分確保されていると、調理器具や食材、食器などを出しっぱなしにしておかずに済むので、キッチンがすっきりと片付き、使いやすく、見栄えもよくなります。

 

 

また、ゴミ箱も良く使う場所なので、ゴミ箱の位置も決めておくと、ゴミをすぐに捨てることができるので、きれいに、スムーズに家事を行えるのです。

 

 

使いやすさを重視することも大切で、身長に合わせたキッチンを選ぶことで、疲れ方が違うので、凝った料理や片付けを楽にすることができるのでおすすめになります。

「査定価格」の算出方法(住居、土地編)

査定価格の出し方には、簡易査定と訪問査定があるのですが、現実問題として訪問査定の方が買取価格が高くなる傾向にあります。

 

 

簡易査定としての内容は法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮し、その結果として査定額を算出することです。

 

 

ですが訪問調査は、簡易査定の内容にプラスしてお部屋や庭の状態をチェックして査定価格を出すことになります。

 

 

つまり、現地に赴いて直接見て回ることによって机上では分からない面も査定出来ますし、その時に強くアピールするべき点も査定額にプラスされていくわけです。

 

 

勿論、お部屋や庭の状態も大切ですが、更に周辺の環境の良し悪しや

 

物件自体の日当たりや風通し、窓から見える羨望などなど、様々な条件を加味して査定額を算出しますから、住宅や土地の査定価格というのは圧倒的に訪問査定の方が有利と言えるのです。

 

 

査定を受ける前には、事前に自分達の物件の良い所を洗い出しておくと、尚更査定で有利に働くでしょう。

トイレをバリアフリーにする利点は?(狭山市のバリアフリー住宅)

日本は、高齢化社会に突入しています。

日本人の4人に1人以上は、65歳以上のお年寄りなのです。

そしてそれは他人事ではなく、自分も将来必ず年を取るものでしょう。

ですから今後新築一戸建てを購入する予定があるのなら、自分がお年寄りになってからのことも考えておく必要があります。

若いうちは目につかないことでも、お年寄りになったらその欠点に気づくこともあるのです。

新築一戸建ての購入を考えている場合には、自分がお年寄りになった時のことも考えて購入する必要を感じてください。

新築一戸建てを販売している業者の中には、将来を考えてバリアフリーを取り入れた住宅を建てている業者もあります。

年を取って一番気を付けなければならない場所はトイレなのをご存知でしょうか?

そのトイレをバリアフリーにすることによって、一生涯その家に住むことができるのです。

トイレに立ち座りのための手すりを設置し、廊下の幅が850mm以上あればお年寄りになっても安心してその家で過ごすことができます。

将来的なことを考えたら、そのような何十年も先のことまで見据えた不動産会社に一戸建ての購入の相談をするのが良いでしょう。

購入時の細かい金額は何なのか?

購入物件が決まった時には、その相手方と売買の契約を締結することが必要になります。

 

 

売買の契約を締結をしようとする際には、売買契約の手付金が必要(契約時10万円〜)です。

 

 

契約締結の際に支払った手付金は、売買の残代金支払いの際に売買代金として充当することができます。

 

 

新築住宅購入の場合は消費税がかかるのですが、売買価格に消費税が内税として含まれていますので、代金を支払うことで消費税の納税義務は売主が負うこととなっていることを知っていましたか?

 

 

不動産や住宅を購入する場合には、売買代金の支払以外にその他諸費用もかかるので売買代金とは別に用意しておく必要があります。

 

 

その他諸費用もかかる細かな内訳としましたは、登記費用、契約書に貼る印紙代、住宅ローンに関する費用、、建物火災保険料や仲介業者に支払う仲介手数料などがあげられているのです。

 

 

これらの諸経費の金額は、仲介手数料がかからない物件の場合には、おおよそ物件価格の5%から7%くらいの金額が必要となります。

 

 

仲介手数料が必要な場合には、物件価格の8%から10%をご用意しておくと良いでしょう。