不同沈下ってなに?

家を建てる前に是非とも地盤調査を、
というのには理由があります。

地盤調査が大切だと言うのには、
不同沈下を防ぐと言う目的があるからです。

不同沈下という言葉は聞き慣れないものかもしれませんが、
読んで字のごとく、地盤が偏って沈下していき
建物が傾く現象のことです。

家が傾くことによって、家自体が
倒壊の危機に晒されてしまうと言うこともあります。

水平でない地盤の沈下によって
どのような症状が家に出てしまうかというと、
窓が開きにくくなったりサッシの鍵がかからなくなったりと
日常的な行動に支障を来すものから、
壁に亀裂が入ったり隙間が生じて
隙間風や雨が吹き込んできたり、
床の傾斜が酷くなったりと様々です。

軟弱地盤と呼ばれる土地の上に家を建てていたりすることが
元々の原因であるので、地盤を調査することで
回避することが出来ますし、
たとえ軟弱地盤であっても基礎補強工事を行うことで
不同沈下を防ぐことが出来ます。

地盤の良し悪しを調べることは
良い物件を建てる為に必要なことなのです。