上棟式って何?

上棟式とは、新築の際に行われる古くから伝わっている
神様に対して行う祭祀です。

呼び方は、棟上げ、建前とも呼ばれる場合もあります。

これは建物が無事であるよう願って行われる儀式であり、
柱、梁、棟などの骨組みが完成した時点で
行われるようになっています。

祭祀であるものの普通の住宅の場合、一般的には
神主を呼ばなくても可能であり、
棟梁が中心となって執り行うことが多くなって来ているのです。

幣束を儀式には使用しますが、施工業者が準備をしてくれます。

無事を願って行うと言う意味合いもありますし、
棟梁や大工さんへの
感謝の気持ちを表す意味も込められてもいます。

そのため、施主はこれからの工事の無事と、
職人への労いを伝える機会になるので、
儀式後に直会という宴会を催すことが一般的になっています。

しかし、この儀式は新築する際に
必ず行わなければならないと言う決まりはありません。

施主、施行会社と話し合いや希望でしない場合もあります。

予め施行会社とよく話し合った上で、
計画的に日取りを決めて行うのが普通です。