ヒートショックを起こしやすい場所って?

ヒートショックとは温度の急激な変化によって
血圧が変動することで心臓や血管に負担がかかることを言います。

負担がかかることによって心筋梗塞や脳梗塞、
不整脈などを起こし、場合によっては死亡するケースもあるのです。

脳梗塞などと言うと高齢者だけのように感じるかもしれませんが、
若年でも十分起こりえます。

家の中で温度差を感じる場所の代表は
お風呂・脱衣所・トイレです。

例えば暖房の良く効いたリビングから、
寒い脱衣所やトイレへ移動した場合、
震えがはしったりしないでしょうか。

また、お風呂に入る時に寒い脱衣所から
熱い湯船へいきなり入る、
浴槽で良く温まった状態で寒い脱衣所へ出るときなども
血圧の変動が起こるので危険なのです。

ヒートショックを防ぐには、
あらかじめ脱衣所や浴室内を暖めておくことが有効です。

脱衣所にヒーターを置いたり、
お風呂に入る前にシャワーでお湯を出しておいたり、
浴槽のふたをしばらく開けておくなどの方法もあります。

トイレの場合はトイレ用ヒーターなどを
利用するのもひとつの方法です。

 

狭山市・所沢市の新築一戸建て 不動産なら仲介手数料無料の狭山市不動産ハウスへ
http://heartful-home.co.jp/