ヒートショックの予防策って?

ヒートショックとは、
家なの中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことで、
急激な温度変化により血圧が大きく変動する現象です。

ヒートショックが起こると場合によっては、
失神や心筋梗塞、脳梗塞などが引き起こされます。

人体に撮ってとても危険な現象などで注意が必要です。

ヒートショックを予防するためには、
住まいの中で10度以上の温度差を作らない事が大切です。

特に、肌を露出する入浴時は、
温かい部屋から寒い脱衣所や浴室への移動、
そして熱いお湯への入浴と血圧の変化が激しいタイミングになりますので
十分にヒートショック対策を施すようにしましょう。

また血圧の上下幅が大きくなるような飲酒直後の入浴も
十分に注意しておきたいタイミングです。

寒い季節には、暖房をつけているリビングなどの生活空間と
脱衣所・浴室の温度差が大きくなるため、
お子様やご年配の方はとくに気をつけて上げるようにしましょう。

脱衣所・浴室が寒いときには
空調システムなどで、各部屋の温度差を少なくしておくと効果的です。

脱衣所をしっかり温めておくことや、
浴室を浴室暖房やシャワーのお湯で温めておくなどの対策をしておくと、
リラックスして入浴することができます。

 

狭山市・所沢市の新築一戸建て 不動産なら仲介手数料無料の狭山市不動産ハウスへ
http://heartful-home.co.jp/