間取り図でよく使われる記号の意味とは

間取り図はスペースの都合上、
色々なものが言葉ではなく記号で示されている場合があります。

特に、収納スペースなどは面積が小さいので
間取り図の中に書き込むことが難しいのです。

SBはシューズボックスのことです。

玄関に設置されていることが多いので
こちらはわかりやすいと思われます。

WCLはウォーキングクローゼットの意味です。

クローゼットより大きめの収納を指しています。

通常のクローゼットは外から洋服を収納するイメージですが、
こちらは中を歩けるくらいのスペースをとっているので
クローゼットと区別して表記されます。

Sはサービスルームの事で、
窓やコンセントの無い広めの収納スペースのことです。

建築基準法において
採光や換気などの面で居室としての基準を
満たさないスペースをそのように呼びます。

P.S.はパイプスペースの略です。

上下水道やガス管などの配管スペースを表しています。

壁で周りを囲んで外からは見えなくなっている場合もあります。

 

狭山市・所沢市の新築一戸建て 不動産なら仲介手数料無料の狭山市不動産ハウスへ
http://heartful-home.co.jp/