リフォームの目安っていつごろ?

私達の住まいは屋根や外壁によって守られていますが、
屋根や外壁は常に紫外線や風雨にさらされています。

日本の住宅の耐久年数は大体30年くらいと言われていますが、
常に紫外線や風雨にさらされている屋根や外壁は、
年月が経つことによって劣化が進んでいきます。

外壁塗料には寿命があり、新築の場合は5年〜10年、
新しく開発されているフッ素系樹脂塗料でも15年ほどと言われています。

塗装が劣化したまま放置しておいて状態が良くなることはありません。

劣化したまま置いておけば、塗膜がはがれ、
直に紫外線の影響を受けたり風雨が住まいの構造体にかかり、
腐食させたり雨漏りの原因となる場合があり、
本来は持つはずの住宅の寿命を縮めてしまいます。

その為、劣化症状が出て来たら見落とさず、
速やかに塗り替えをすることが必要です。

外壁塗装のタイミングは、住み始めて10年が目安です。

住宅の耐久年数と言われる30年の間に、
2〜3回は塗り替えすることが必要になります。

リフォームをすることで長く住む事が出来るのです。