住宅ローンの仕組みとは?

住宅ローンの仕組みは、金利が低いと利息が少なくなる、
逆に金利が高いと利息は高くなります。

住宅ローンの金利は、ローンの申込時ではなく実行時の金利が
適用されることになります。

実行時というのは融資実行日、
つまり建物の引き渡しの時の金利が適用されることになります。

ですから、金利はローン実行時に高くなっている可能性
もあるということを忘れてはいけません。

必ずしも、ローン申込時の金利とは限りませんから、
金利が多少高くなっても、無理なく住宅ローンを返せるような
計画を立てる必要があります。

また、変動金利、固定金利など住宅ローンの金利にはいろいろありますから
、どの金利を適用して支払っていくのが自分にとって最適か、
よく考えてみましょう。

住宅ローンを組むときは、実行時の金利の上昇、
そうなった場合の実際の支払額、
さらに余力が残るような組み方をすることが大切です。

長い期間かけて返済していくのですから、しっかり検討しましょう。