注文住宅と分譲住宅の違い

一戸建て住宅には建築された住宅を購入する分譲住宅と
所有する土地、または土地の購入と共に建築する注文住宅と
大きく2つに分けることができます。

 

どちらも大きなメリットとデメリットがあり、
その決定的な違いは費用がかかる、かかからないかということです。

 

まず分譲住宅は比較的安いことが大きなメリットとなりますが、
気に入った間取りや設備のものを選択することになるため、
自由が効かないことがあります。

 

また、生産性の高い住宅のため、
隣接する住宅と外観が似て、
オリジナリティが低いというデメリットがあります。

 

それに対して、注文住宅は割高ですが
「自分の理想の家に近づける自由な設計が可能になる」
というのが大きな特徴です。

 

住宅購入は非常に高額な費用を要するため、
一生に一度の買い物となるかたが大半です。

 

そのため、より費用の安い分譲住宅か、
一生に一度であるからこそ、理想的な住宅を求める注文住宅か
という選択になりますので、
どちらも予算に合わせて決めていくべきといえます。