住宅ローンは何年借りるべき?

住宅ローンは最長で35年借りることができるのですが、
中には例外もあります。

 

ローン完済時の年齢は80歳に設定されているので、
場合によっては35年よりも短くなります。

 

住宅の購入はとても大きな金額となるので、
30年、35年かけるのが一般的です。

 

住宅ローンの年数が長いからといって、
それは決して恥ずかしいことではないのです。

 

今はかなり高額な収入があったとしても、
それが一生続くという保証はどこにもありません。

 

もしかしたらリストラされることもあるかもしれませんし、
給与が下がることだって考えられます。

 

そのような様々なことを考慮して、
無理をせず長めにローンを組むのがおすすめです。

 

余力があれば、その都度繰り上げ返済をすれば良いのです。

 

そうすることで、ローンの完済日を短くすることができる上、
ローンの月々の支払額を少なくすることだってできるのです。

 

将来、何があるかわかりませんから、
30年、35年と長めの組むようにしましょう。