引っ越しが万が一中止になったら?

春先の引越しシーズンには、ピークをずらすために
早目に引越し業者に依頼したり、
電気事業者がガス事業者、郵便局などへの手続きを済ませておくことが
大切です。

 

繁忙期には、引越し代の金額も高くなりますし、
つい忙しく過ごしているうちに、
必要な手続きをうっかり忘れてしまうこともあります。

 

ですから、余裕を持って準備をするようにしましょう。

 

そのなかでも特に注意したいのが、
住民票や健康保険などの公的手続きです。

 

春は役所の窓口が大混雑するので、
早目に転出届を提出しておくという人も多いでしょう。

 

しかし、あまりに早く手続きを済ませてしまうと、
急に引越しの予定が変わった時に対応が困難になる場合もあります。

 

もしも、引越しの中止が決まったのが転出届の手続きが終わった後なら、
速やかに転出中止の手続きを行う必要があります。

 

転出証明書を持って役場へ行くと窓口の人が対応してくれますので、
事情を説明し、窓口の指示に従って手続きを行うようにしましょう。