住宅や土地の「売り出し価格」を決める流れ

住宅や土地を売りに出す目的はいろいろあります。

 

 

売れた金額を頭金にして、次のステップアップの住まいを手に入れる場合や、何らかの事情により手放す場合です。

 

 

売り出しの価格は、不動産会社が提示する「査定価格」を参考に、売主であるお客様が決めるのが一般的ですが、

 
ローンが残っている場合は差し引きして負債が残ってしまう場合がありますので、できるだけそのリスクをさけるように希望価格を設定しておくことが大切です。

 

 

ステップアップの場合、同じ不動産会社が売り出し会社だったら、次の住まいの購入がかかっていますから、住宅会社も力を入れてくれます。

 

 

売り出し価格は、相手もこれなら出せるという金額を提示して、値踏みをしてきますから、そのあたりの駆け引きも考えなくてはなりません。

 

 

相場より高すぎたら売れなくなってしまいます。

 

 

売り出したら1カ月が勝負です。

 

 

買いたい人はいい物件が出てきたら紹介してほしいと予め不動産会社に声をかけている場合が多いからです。

 

 

そのあたりを考えて売り出し価格を決めることが重要です。