資金計画を立てるときのコツ

住宅を購入する場合、一括で支払える人はそれほど多くなく、大抵の場合は住宅ローンを組んで購入します。

 

その場合、貯金のうちいくらを「住宅資金」に使えるのかを検討しなければなりません。

 

家計に無理なくローン返済を続けられるかということが大切になってきます。

 

住宅ローンをいくらまで借りられるかは、「返済額」と「金利タイプ」を決めることが大切です。

 

この2つを決めた上でローンシミュレーションを行いましょう。

 

一般的に、住宅にかかる費用は、収入の30%までに抑えておくのが良いと言われています。

 

無理な返済計画を立ててしまうと、生活が苦しくなり、様々なところに歪みが出て来てしまいます。

 

住宅にかかる費用とは、住宅ローン、固定資産税、管理、修繕費です。

 

修繕費も結構大きな出費となりますので、あらかじめ考慮に入れておくことが大切です。

 

金利は、固定金利と変動金利があります。

 

固定金利は、ローンを組んだ時に返済額が決まるので、資金計画が立てやすいです。

 

これは長期返済に向いています。

 

変動金利は、借入額が少ない人や、繰り上げ返済が出来る目処がある人に向いています。