バリアフリートイレにするメリット

現在日本は高齢化社会であり、人口の4人に1人が65歳以上の高齢者であると言われています。

高齢者と同居する場合のみならず、自分や配偶者が高齢者となった将来を考えてバリアフリーを取り入れた住宅を建てることが推奨されています。

住宅を購入する年齢はまだ元気な30代や40代である場合が多いので、高齢者となったときのことを考えて家を建築することは稀ですが、
これからの高齢化社会では高齢者も不都合を感じずに生活できる家が求められています。

高齢者になると身体機能が低下してちょっとしたことでも不都合を感じることが多くなります。

特に浴室やトイレなど立ったり座ったりすることが多い場所では足腰に負担を感じます。

このような場所では立ち座りのための手すりを設置することが重要です。

また、車椅子で生活するには、廊下の幅が850mm以上あることが必要だといわれていますので、
現在は車椅子を利用していなくても、将来を考えて廊下や開口部を広くしておくことも考えておきたい配慮です。