「売り出し価格」の流れは?(住宅や土地編)

住宅や土地の「売り出し価格」を決める際は、不動産会社が提示する「査定価格」を参考に、売主であるお客様が決めるのが一般的です。

 

 

不動産会社が提示する「査定価格」というのは、地価・築年数・環境などを考慮して決められます。

 

 

相場以上の金額は、よほどの付加価値がない限り難しいと言えるのです。

 

 

売主は、売却したあとにローンの返済が有るか無いか、次に購入する物件の頭金にする予定が有るか無いかなどを明確にして、希望価格を設定しておくことが大切でしょう。

 

 

ただし、あくまでも相場から大幅に外れないようにしないことが早く売却できるコツです。

 

 

1ヶ月を過ぎても買主が現れないと難しいと言われます。

 

 

それは、購入する気のある人は、良い物件が出たら声を掛けてほしいと不動産会社に伝えているからでしょう。

 

 

不動産会社は相手の希望金額も知っていますから、これなら売れるという予想もつきます。

 

 

相手も値切ってくるので、かけ離れない程度に少し高めに設定するのが良いとされているのです。