新築のお祝いでタブーとされているものは?

新築祝いに贈ってはいけないもの、贈らないほうがよいものというのがあります。

もっともタブーなのは「火」に関係するもの。火災を連想させるためです。

よくあるのがライターや灰皿ですが、ストーブや赤いものも避けたほうがよいでしょう。

ほかにも白いハンカチは漢字にすると「手巾(てぎれ)」→「手切れ」となり絶交を連想させるため、贈り物としてはタブーとされています。
ハンカチを贈る場合は色や柄の入ったものにしましょう。

新築祝いを贈る相手が目上の人の場合は筆記用具やカバン、時計もタブーで、「より勤勉に」という意味があるためです。

ではなにを贈れば良いのか?

無難なのは商品券やカタログギフトですが、相手の好みがわかっているのであればインテリア用品やキッチン用品を贈っても良いでしょう。

また、新築祝いによく贈られるのが観葉植物。新築にはまだ生の気がないため、生命力のある観葉植物を飾って場のエネルギーを活性化させるという風水の考えからきています。

ただし、観葉植物を贈る際はサボテンやアロエのような棘のあるものは拒絶のイメージがあるので避けるべきです。