「査定価格」の算出方法(住居、土地編)

査定価格の出し方には、簡易査定と訪問査定があるのですが、現実問題として訪問査定の方が買取価格が高くなる傾向にあります。

 

 

簡易査定としての内容は法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮し、その結果として査定額を算出することです。

 

 

ですが訪問調査は、簡易査定の内容にプラスしてお部屋や庭の状態をチェックして査定価格を出すことになります。

 

 

つまり、現地に赴いて直接見て回ることによって机上では分からない面も査定出来ますし、その時に強くアピールするべき点も査定額にプラスされていくわけです。

 

 

勿論、お部屋や庭の状態も大切ですが、更に周辺の環境の良し悪しや

 

物件自体の日当たりや風通し、窓から見える羨望などなど、様々な条件を加味して査定額を算出しますから、住宅や土地の査定価格というのは圧倒的に訪問査定の方が有利と言えるのです。

 

 

査定を受ける前には、事前に自分達の物件の良い所を洗い出しておくと、尚更査定で有利に働くでしょう。