耐震は土地によって変わる(所沢の土地)

近年大きな地震が起きて、耐震について関心が高まってきました。

 

しかし、耐震工事を建物に行っていても崩壊してしまうお家が後を絶ちまん。 一体なぜなのでしょうか。

 

それは土地の地盤によって起こるのです。 地質学的な観点から見てみますと、 日本には大きなプレートが重なり合ってできております。

 

なので地震大国と呼ばれる程、地震が多い国ですよね。 他の国に比べても多いのですが、土地によって地盤が違います。

 

地盤が固いところではちょっとの地震では倒壊などの恐れはありませんが、 地盤が緩いところでは、地震の揺れがダイレクトにかかるので、震度が大きくなります。

 

それによって、倒壊などを起こしてしまうのです。 倒壊を起こさないようにするには、地盤をしっかり見ておかないといけません。

 

しかし、今の地図だけではかつて川であった場所が整地によって土地になっている場合もあります。

 

昔の地図をみて、かつて川の付近や、川であった場合は、地盤が緩い事がありますので、 おすすめしません。

 

ボーリング調査を行ってみてもいいでしょう。 自分が生涯暮らすような家であるので、地震などの自然災害にも強い土地を選びたいですよね。 変化