日照権ってなに?(陽当たり良好な家)

日照権という言葉ごよく耳にしますが、 日照権とは、「日影による中高層の建築物の高さ制限」の略で、

日影による中高層の建築物の高さの制限により、 住居系用途地域、近隣商業地域、準工業地域または無指定区域における日照を確保することを目的としています。

 

地方公共団体が条例で指定する区域内にある一定の高さ以上の建築物が、 冬至の日の午前8時から午後4時まで(北海道のみ9時から3時まで)の間、

その場所に一定時間以上続けて影を生じないように建物を計画することが義務付けられております。

 

この法律があるので、お洗濯を干しても乾かない等の被害が起きていません。

 

しかし、近年狭小住宅などが増えているので、日照権の問題が出てくる場合も増えています。

 

そういった場所のお家を購入する際には十分注意が必要になります。

 

自分が被害にあう場合もありますが、相手に被害を与える場合もあり、 取り壊し等の恐れがあるので十分注意してください。

 

自分が受けている側であれば、光の確保のために天窓を付けたり、吹き抜けを作るなどの工夫ができます。

 

日照権を侵害しないためにも、狭小等の住宅を購入する場合は、十分に注意を行ってください。