不動産による相続税対策について

平成27年に相続税が改正されたこともあり、以前よりも相続税を支払う必要のある人が増えました。

そのためその対策をとる人が増えてきています。

そのようなこともあってその対策についての本が沢山出版されており、税理士も力を入れています。

その中でよく言われているのが、その税金を減らすための生前の不動産対策です。

例えば不動産を生前に配偶者に贈与をすれば贈与税がかからないので、良い相続税対策となります。

また子供に贈与をした場合には、それにかかる贈与税の方が相続税よりも低い金額に抑えることができます。

このような方法で様々な対策をとっている人がたくさんいるのです。

しかしどのような方法が最も効果的であるかは、税の問題に詳しくないと分からない部分が沢山あります。

自分では良い方法だと思っても、逆効果になってしまう場合もあります。

ですからそういったことにならない為にも、税理士などの専門家に色々と相談をするのが良いです。