不動産の手付け金ってなんなの?

不動産の売買で、「手付け金」という言葉をよく聞きますが、どういう役割があるお金なのでしょうか。
手付け金とは何か、申込み金との違いについて、ご紹介しましょう。

手付け金とは、不動産の売買契約が成立したことを前提として、買主から売主に支払われるお金のことです。
売主が不動産業者の場合、通常は、新築物件で未完成なら売買金額の5%、新築完成物件や中古物件で10%程度で、売買代金の一部に充当されて、決済時に残りが支払われます。
不動産の代金は高額になるため、取引の途中で何度かに分けて支払っていくことになります。
不動産の売買における手付け金は、基本的に解約手付で、解約すると返ってきません。
買主側からの解約は全額、売主側からの解約は倍額が没収されます。

これに対して、申し込み金は正確には「申し込み証拠金」で、買主の順位を守ったり、購入意思を確認するためのお金で、金額は5万円から10万円が相場です。
契約が成立すれば手付け金の一部に充当され、成立しなかった場合には返金されます。