不動産の売り時っていつ?見るべきところをお伝えします。

不動産は高価な財産の代表格の一つですが、利用をしなければ固定資産税などの維持費がかかり、建物の補修が必要になることもあります。

 また、人口減少時代に入った日本では、空き家は失火や不法侵入などの犯罪被害にあって近隣にご迷惑をかけてしまう可能性もあり、所有する以上管理の責任も伴います。

 不動産は時価が変動する資産なので、利用の予定がなければ売却するとしても、売り時をいつにするかが難しいところです。

 投資の格言で、株式投資を表す言葉ですが、”頭としっぽはくれてやる”という言葉があります。

 価格の変動がある財産は、安く買って高く売るのが最善ですが、上がり続けているときはどこが天井かはわからず、売った後も上がり続けることもあります。

 一番高く売るということにこだわらず、いくら以上なら売るという基準を自分で決めておくと有効です。

 その場合、仲介料や税金を引いた手取りがいくら残るかを試算することも大切ですが、不動産会社に相談して、諸費用の見積もりをしてもらうことができます。