家賃交渉におけるコツとポイントについて

不動産の賃貸契約では、敷金礼金や仲介料など、家賃のほかに諸費用が掛かり、引越し代まで考えると家賃の半年分以上の金額が必要になることが少なくありません。

 物入りな引越しの時に家賃交渉ができると助かりますが、交渉のコツは、自分の都合だけを考えずに、相手の立場にもなって考えてみることがポイントです。

 毎月の安定収入である家賃そのものを値下げすることは、一度下げると将来的にも上げにくくなってしまうため、家主さんにとって最もしたくないことです。

 その一方で、空き部屋にしていても収入は入ってこない一方で、固定資産税などの費用は掛かるので、入居してくれるなら礼金などの初期費用は相談に応じてくれたり、エアコンなどの住宅設備の設置を依頼することは家賃の値下げに比べると実現の可能性は高くなります。

 賃貸オフィスではフリーレントといって、当初の数カ月家賃を無料にすることもありますが、住宅ではオフィスに比べるとこの慣習は少数です。

 でも、家主さんの立場になって考えると、交渉実現の可能性が見えてきます。