マイホーム購入における頭金の金額とは

家族が増えたり、家庭環境や経済状況が変化したりしてマイホームの購入を考え始める方も多いでしょう。
人生最大の買い物と言われるマイホームですから、資金計画がとても重要になります。

余裕のある現金をお持ちの方は別として、一般的に住宅を購入する場合には住宅ローンを利用します。
しかし住宅ローンを組むときに頭金がいくら必要なのかを知らないと困ったことになります。

まず、頭金とは、購入物件の代金に充当する自己資金のことです。
自己資金0円などと謳っている広告がありますが、頭金=物件価格−借入額になるので、多く払えば払うほどローンが楽になります。

通常、住宅ローンを借りるときに安心できる金額は物件価格の2割程度と考えられています。
つまり4000万円の物件であれば、頭金は800万円を用意したほうがいいことになります。

無理せずに用意できる頭金の額を念頭に入れて、購入住宅の金額を考え、無理の無いローンを組むことが将来を大切にすることに繋がります。