住宅を保有することによる税金について

住宅を保有すると、固定資産税がかかります。

これは1月1日時点の土地や住宅の保有者が必ず支払わなければならないものです。

ではいくらかかるのでしょうか。

計算には「固定資産税評価額」というものを使います。

これは総務大臣が定めた固定資産税評価基準に基づいて計算され、市町村が決定します。

土地と建物は計算方法がそれぞれ異なります。

この評価額に税率1.4%を乗じたものが固定資産税の金額です。

(1.4%を上回る税率になる場合もあります。

土地と建物の価格は評価替えというものがあります。

3年に1度、価格が見直され新しい価格にされるのです。

建物の構造によっては5年に1度の場合もあります。

また、税額の軽減措置や市町村によっては免税措置があります。

条件や種類が色々あるのでご自身のお住いの市町村に確認してみると良いでしょう。

固定資産税は住宅を購入する際には必ずかかり、その金額も少なくないので、
購入前に1度計算しておくと安心ですね。