年収に合わせた住宅ローンの目安

住宅ローンは住宅を購入するために
高額な融資を受けて長期間返済していくローン商品です。

無理なローンを組んでしまうと後で返済が困難になりかねません。

もし住宅ローンの返済を滞納してしまうと
差し押さえから競売にかけられて処分されることがあるので、
無理のない計画を立てることが大切です。

一般的にローンは年収の5倍までが無理なく返済しやすいと言われています。

年間返済額の割合を年収の25%以内でローンを組むと、
年収の5倍までに抑えることが可能です。

頭金が多ければ多いほど毎月の返済額が少なくなって余裕が生まれます。

金融機関からの印象も良くなりますので
頭金は出来るだけ多く準備されたほうが賢明ですね。

積極的に繰り上げ返済することで
利息のお支払分を減らすことも可能です。

金利には固定と変動があり、金利情勢を読むのは難しいですが
金利の低いときに固定の住宅ローンを組む、
金利が高いときに変動の住宅ローンを組まれるとお得です。