審査では何を見られるの?

住宅ローンの審査では
お申込みされた方の年齢・健康状態の他にも年収・
勤務先・勤続年数など様々な項目をチェックしています。

高額な融資を受けて長期間返済してくために
お申込みされた方が安定した収入を得ているか
またこれからも得られるかどうかが大切です。

例えば
健康状態は悪いより良いほうが安定した収入を得やすいと判断されますし
契約社員や派遣社員の方より正社員の方のほうが
年収が多く安定しているため返済能力が高いと判断されやすいのです。

審査ではさらに個人信用情報も参照しており、
お申込みされた方のクレジット情報や
申込情報や利用記録などもチェックしています。

過去にクレジットやローンの支払いを延滞したり、
債務整理した情報が記録されていると
審査に落ちてしまうことがあります。

クレジットやローンの残高があるとしっかりと記録されているので、正しく申告しましょう。

年収に対して借入残高が多すぎると
審査に落ちてしまうことがあるので、
出来るだけ返済してからお申込みされたほうが確実ですね。