固定資産税って何?

国や地方には、多くの税金があります。
働いた時に課せられる税として所得税や法人税があります。

物を購入した時やサービスを受けた時に支払うのが消費税です。
多くの人が支払っている税金とも言えます。

国や地方には、多くの税金があります。
働いた時に課せられる税として所得税や法人税があります。

物を購入した時やサービスを受けた時に支払うのが消費税です。
多くの人が支払っている税金とも言えます。

しかし、建物や土地にかかる税金として固定資産税があります。
これは、土地や建物を所有している人にかかる税金です。
逆に不動産を所有していなければ課税されない税金で、
毎年市町村に1月1日に納める税金です。

この固定資産税の算定基礎になっているのが、固定資産評価額です。
3年に一度この評価額が見直されます。

土地の評価額は物価上昇なども影響しながら時価に連動し
物価上昇なども影響します。

建物も土地と同じ評価になりますが、
一つ条件が違うのは、建物は毎年劣化していくため、
マイナス条件として、減価償却相当分の価値の目減りが起こります。