1坪ってどれくらい?

土地を購入したり一軒家の販売の時などに
土地面積や建坪といった表現の中で坪という単位が用いられます。

一坪とは約3.3平米でこれは畳約2畳分の大きさです。

正確にいうと畳にも江戸間や京間、中京間、団地間など
地域によってその大きさが異なります。
一般的な畳2畳分といったときには中京間の畳で換算されており
畳一枚の大きさは1.656㎡です。

そもそも一坪は1間×1間を計算した時の大きさです。
1間とは1.812mで、日本の昔の住宅の
柱の中心から柱の中心までの距離として用いられていました。

最近ではメートルで設計される住宅も増えてきましたが
1間を基準に設計されている物を
尺モジュール、メートルで設計されている住宅を
メートル(メーター)モジュールと言います。

例えば4×4の部屋ですと案内されても
尺モジュールでは1辺が910mm×4尺=3.6mとなり
メーターモジュールの場合は4mとなり部屋の大きさが異なるのです。

坪というのは尺モジュール、メーターモジュールに関係なく
大きさを表すことのできる単位なのです。