物件購入の諸費用って何?

住宅などの建物の物件購入をした場合にかかる諸費用があります。

一つ目は、銀行などの金融機関で資金調達をした場合には、
銀行への手数料が発生します。融資に伴う諸費用です。

また、この融資に対して、信用保証料が発生します。
これは借入者が融資返済期間中に支払が滞った場合への保証であり、
借入金額の残高に応じて保証額が決まります。
借入利率にプラスされる費用とも考えられます。

二つ目は、建物にかける火災保険です。
最近では、自然災害が頻発していることから、
地震保険もセットで加入されるケースが増えています。

三つ目は、購入に伴う仲介手数料や
不動産を登記するための手数料や登記費用などもあります。

税制面では、不動産を購入する際に課税される不動産取得税や
各種契約のための印紙税など、意外と気が付かない諸費用があるのです。

どれもが必要な諸費用であるので、
購入する際にはこうした諸費用額の
見積もりをしておくことも大事であるといえます。