セットバックってなに?

住宅を建築する際には、
建築基準法によりさまざまな規制があります。

敷地の面積に対する住宅の面積の割合や
住宅の総面積の割合の規制である建ぺい率や容積率
という言葉をお聞きになったことがある方は
多いのではないでしょうか。

また、土地には第一種住宅地や工業地域、
商業地域などの区分が定められており、
用途に応じて建築できる建物の種類や
建ぺい率や容積率なども異なっています。

防火地域や準防火地域では、窓ガラスなどを
網入りガラスにしなければならないなどの規制もあるのです。

これらは安全、安心して
生活ができるようにするための規制です。

住宅を建築する際の規制として、接道義務もあります。

基本的には、住宅を建築するには幅が4メートルの道路に
接していなければ建築確認はおりないことになっています。

しかし、日本の道路には、細い道路も多く、
厳格に適用すると住宅が建築できなくなることになるため、
道路の中心から2m後退して敷地を確定すれば、
後退した部分は道路とみなされ
建築が認められることになっており、
この後退する部分をセットバックと呼んでいます。